2008年06月01日

神戸へ行きました。 〜北野異人館通り・2〜

little-080601.jpg川たろう : 「前回の神戸の続きなんですが・・・ここはどこですか?」

リリス : 「これは・・・ベンの家の前のとこ。右はしにちょろっとだけ写ってるのがベンの家やわ。」

ひよ之介 : 「メインで写ってる建物とちゃうんかい。」

リリス : 「この向かいに北野美術館とラインの館があるんよね。」

little-080601-2.jpg川たろう : 「あー、ここな。ラインの館が見えてきたなぁ。」

リリス : 「このラインの館はね、唯一無料で開放されてる異人館やねん。」

ひよ之介 : 「・・・唯一ってことは、他は全部有料って事かいな?」

リリス : 「そうよ。 風見鶏の館と萌黄の館は300円で安いけど、あとは大抵500円くらいから1000円くらいまで。」

川たろう : 「歴史的建造物の保存の費用もあるんやろうけど、結構するよね。」

リリス : 「割引とかもあるけどね。そういう意味ではホントに唯一の無料やから、維持のためにもお土産を買うとかの協力もしたくなるよね。ラインの館は。」

little-080601-3.jpgひよ之介 : 「これがラインの館の庭園に通じるとこやな。赤玉土が敷き詰めてあるな。」

リリス : 「内部はラインの館の往時の写真や、北野の異人館の昔の姿を移した古写真が展示されてたり、阪神淡路大震災のときの写真が展示されてるわ。」

川たろう : 「ホンマに綺麗に手入れされてるよな。」

little-080601-4.jpgひよ之介 : 「ここは?」

リリス : 「オランダ坂。ここを登って行ったら、オランダ館、ウィーン・オーストリア館、デンマーク館があって、その先にうろこの家があるんよね。」

川たろう : 「けっこう急な坂道やで。歩いたらキツそうや。」

リリス : 「かなりキツイんよね。ここ。 生活圏でもあるんで、普通に住んでる人が歩いてるけど、疲れるんよ。この坂道は。」

ひよ之介 : 「・・・で、ウィーン館の辺りで休みたくなって、ついビールを飲むと。」

little-080601-5.jpg川たろう : 「坂を上ったら・・・うろこの家があるんやな。」

リリス : 「そう。うろこの家はね、美術館もあって入館料は1000円くらい。」

ひよ之介 : 「ええ佇まいやなー。でも、こういう写真の撮り方をしてるってことは・・・入らなかったという・・・。」

川たろう : 「そういう事ですわ。 布引ハーブ園からここまで来て、坂道もいっぱい登って疲れて・・・このあと風見鶏の館や萌黄の館まで行く元気もなくなってしまいましたって。」

リリス : 「うんうん。・・・で、ここからずっと降りていって、こんどは三宮から元町まで行きます。」

ひよ之介 : 「南京町で中華料理やな。」







posted by hades444 at 21:11| Comment(31) | TrackBack(0) | 行ってきました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

神戸へ行きました。 〜北野異人館通り〜

川たろう : 「今日は“ハーブの庭”っちゅう、うちの管理人のハーブのブログと連動little-080516a.jpgした記事を紹介します。

ひよ之介 : 「神戸に遊びに行ってきましたよ、って事なんやけど、今日は“気ままに展開”からリリスさんに来てもらいました。」

川たろう : 「うんうん。そやけど、ここまではうちの管理人の3つのブログをどれか見てへんと、さっぱりわからん入り方やね。」

ひよ之介 : 「初めて来た人は何のことやら、わからんやろな。」

川たろう : 「では、それはそれで置いといて・・・初めましょか。」

ひよ之介 : 「まずは神戸の布引ハーブ園ってとこへ行ってきました。このハーブ園については・・・第3のブログ“ハーブの庭”で紹介してます。 ・・・んで、布引から北野までロープウェーで降りてきて・・・ここからが話しの始まりです。」

川たろう : 「北野1丁目っていうロープウェーの駅があるねんけど、ここから北野の異人館街に行けるんやろ?」

リリス : 「そうやねん。ロープウェーの駅の裏側に出たら、北野遊歩道っていう道に出るんよね。静かな遊歩道で、山の手の高さもあって眺めもすっごい良いんよ。」

ひよ之介 : 「異人館街まではけっこう歩くんかな?」

リリス : 「のんびり歩いて10分から15分くらいかな。 途中に北野倶楽部があったり、レストランがあったりして歩いてても飽きひんし。あっと言う間に着くよ。」

little-080516b.jpg川たろう : 「で、こんな所へ出てくる訳やな。この辺りまで来たら、もう異人館通りの風情やなー。」

リリス : 「うん。そうよ。でもここに来るまでにも教会があったりして、異人館街っぽくなってくるけどね。」

ひよ之介 : 「ここはどこら辺になるん?」

リリス : 「えっと・・ここは北野美術館に上がる小さい階段の下あたりやわ。美術館やラインの館と、英国館やベンの家とか洋館長屋の間のとこ。」

川たろう : 「ええ雰囲気やね。カップルもいてはるし。」

リリス : 「異人館の建物の殆どは、ここから上にあるんよ。」

ひよ之介 : 「ほんまの山の手やな。 でも、この辺りって結構狭い道が多いんやろ?」

little-080516c.jpg
リリス : 「そうやねん。 こんな感じの小さい路地が多いんよね。こういう所をくねくねっと曲がったり、坂を上って行ったりしてると、いろんな建物があるんよ。」

ひよ之介 : 「実際に住んでる人もたくさん居てはるんやろ?」

リリス : 「そうよ。保存建築物として残されてる建物と、普通に人が生活してるものが混在してるんで、どこでもうっかり覗き込んだりしたらアカンのよ。」

川たろう : 「そやけど、こういう洒落た街に住んでるっていうの、どんな感じなんやろなー?」

リリス : 「実際に歩いてると、犬の散歩をさせてる人とか坂道をゆっくりゆっくり上がってるおばあちゃんとか、結構すれ違うよ。」

ひよ之介 : 「ほな、異人館に入ってみましょか?」

リリス : 「その紹介は次回ね。」
posted by hades444 at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 行ってきました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

さざえカレーってどんなん?

little-080506ba.jpg川たろう : 「今回はちょっと変わったカレーを紹介しまんねん。」

ひよ之介 : 「これは、懸賞で当たって頂いたもんですが・・・隠岐島の海士町ってとこの名物、さざえカレーです。」

川たろう : 「ここでは島の周りはサザエだらけ、というくらいサザエが豊富に獲れるらしいねん。 ほんで、カレーにサザエを入れるっちゅうのが、島では当たり前やったらしいで。」

ひよ之介 : 「シーフードカレーでもサザエが入っとるっちゅうのは聞いたことないで。」

川たろう : 「うん、それでな、島では当たり前やと思ってたさざえカレーが、島の外では珍しいってことで、ほたら名物にしようやないかって作ったのがこれやって話やねん。」

ひよ之介 : 「サザエが入ってるってだけとはちゃうんやろ?」

川たろう : 「21種類のスパイスを調合・熟成させて魚のスープと鶏のスープを合わせて煮込んだルーがベースになってて、さらにサザエの肝をすり潰して作ったさざえバターで、コクとうま味を引き出すようにした・・・っていう事やねん。 それにな、ガラムマサラやキウイチャツネ、野菜のピューレもすべてイチから手作りしたそうやで。」

ひよ之介 : 「ごっつい時間と手間がかかってるっちゅう訳やね。」

川たろう : 「ほな、食べてみます。」

little-080506b.jpgひよ之介 : 「ご飯が赤っぽくなって、なんか入ってるのは、雑穀米やからです。気にせんとって下さい。」

川たろう : 「赤い丸で囲んでるとこら辺りに、さざえが見え隠れしております。さざえの食感はちょうどええ感じです。柔らかいし、カレーの中に入ってても、さざえの香りがします。」

ひよ之介 : 「味はあっさりめの味やね。 辛さも辛過ぎず、丁度ええ感じやなぁ。ほのかにさざえ!って感じがある。」

川たろう : 「海士町の人はカレーと言うと、こういうさざえの入ったカレーを食べてはる訳やね。」

ひよ之介 : 「産地ならではの味やな。これが食べたいっちゅう人はどないしたらええの?」

川たろう : 「リンクを貼っときましょ。ココから海士町HPにどうぞ。」

ひよ之介 : 「島の人たちが一生懸命作った味や、っちゅうのが伝わってきまっせ!!」





posted by hades444 at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 懸賞で当たったよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

広島菜の漬物セットと黒豚カレーをGet!

川たろう : 「久しぶりに当選の話やねんけどなー。」

ひよ之介 : 「最近はこれっていうような懸賞が減ってますわな。」

川たろう : 「そやね。当選人数も減ってるしな。 メルマガ必須で当選1名とかが多過ぎるわ。」

ひよ之介 : 「賞品がテレビとかやったら納得出来るけどな。 ラーメン2人前セットで1名とかみたいなのが増えたなー。」

川たろlittle-0429b.jpgう : 「そんな中で当たりましたっていうのが、今回の2つの賞品なんですわ。」

ひよ之介 : 「まずは・・・広島菜の漬物セットです。菜っ葉の漬物っていうと、野沢菜がまず有名やけど・・・広島菜もうまいよなー。」

川たろう : 「そやね。 菜っ葉の嫌いな人は菜っ葉臭さが嫌やというけど、広島菜はそれがないな。 ちょうどええ具合の漬かり方で、これはごはんが何杯でもイケルわ。」

ひよ之介 : 「熱い白ごはんの上にのっけてる写真をアップしといたら良かったなー。」

川たろう : 「そやなー。他にもしょうゆ漬けなんかもセットされてて、なかなか太っ腹な賞品やで。」

ひよ之介 : 「うんうん。 大きな収穫やで。」

little-0429a.jpg

川たろう : 「次は鹿児島の黒豚カレーやで。」

ひよ之介 : 「これも箱のままより、盛り付けた絵が良かったなー。」

川たろう : 「忙しいねんって。」

ひよ之介 : 「こういうレトルトのカレーが2個とか1個とかいう懸賞は多いけど、4個っていうのは、これも太っ腹やなー。」

川たろう : 「うんうん。 最近は懸賞の件数が300件あっても、応募しようというのは50件もなかったりするからな・・。」

ひよ之介 : 「なんか、こう気合の入る懸賞がないもんかな〜!」

川たろう : 「応募が減る→当たりも減る→記事のエントリーも減る・・・ではイカンしな!」
















posted by hades444 at 21:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 懸賞で当たったよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

雨の日の傘

little-080322.png川たろう : 「ちょっと新しいカテゴリーを作ったんですわ。」

ひよ之介 : 「そうそう、“これはアカンっ!”っていうタイトルな。」

川たろう : 「あまりにも利己的で幼稚で恥知らずなシーンが多過ぎるんとちゃうかなってことで・・・これはアカンやろ〜というもんを挙げて行きましょうっていうカテゴリーや。」

ひよ之介 : 「今回は・・・雨の日の傘ってタイトルやねんけどな。」

川たろう : 「豆蔵くんにサラリーマン姿になってもらいました。」たらーっ(汗)

ひよ之介 : 「普通な、常識のある人間というもんは左のような持ち方をするもんや。」

川たろう : 「大変残念なことながら・・・右のような持ち方をしてる奴が非っ常〜に多い。」むかっ(怒り)

ひよ之介 : 「しかも、大きく手を振って歩いとる。 ラッシュの時間にはそれがどういう結果になるか、考える知能もないっちゅう事やな。」むかっ(怒り)

川たろう : 「これはオヤジに多いねん。 ええ年してな、そんな事も気がつかんのか?って感じやな。」

ひよ之介 : 「それから、濡れた傘が人に接触してても気にならんアホもおるな。」

川たろう : 「傘の先からポトポト 雫が他人の靴の上に落ちてても分からんボケもおるしな。」

ひよ之介 : 「そういう奴に限って、ケータイに夢中になっとんねん。」

川たろう : 「電車の中っていうケータイを使ったらアカン環境にあって、ケータイに夢中になってて、おまけに傘で他人に迷惑を掛けとる・・・もうマナーとか、道徳とか常識とかって問題以前やで。」

ひよ之介 : 「物を考えることが出来ん、心を使うことが出来ん、ちゅうことはイヌやネコと一緒ってことやな。」

川たろう : 「そういうこっちゃ。 そういうのが、更に子孫を残すとイヌやネコレベルが増えるってことやな。」

ひよ之介 : 「困ったことやのー。」たらーっ(汗)

川たろう : 「かつて日本人は世界で最も公共心の高い民族やったんやけどな。」

ひよ之介 : 「残念なことやで。」バッド(下向き矢印)
posted by hades444 at 14:00| Comment(4) | TrackBack(0) | これはアカンっ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

花とみどりのギフト券を頂きました

little-080316a.jpg川たろう : 「今週当たったんは・・・お茶とギフト券やな。」

ひよ之介 : 「柿茶って柿の葉のお茶なんか?」

川たろう : 「そうや。昔からな、“柿が赤くなると医者が青くなる”って云うやろ? 柿の有効成分っちゅうのは昔から利用されてきたんやな。」

ひよ之介 : 「実やら種やらヘタやらに色んな有用な成分があるって云うけどな。」

川たろう : 「柿の葉にはビタミン類やらポリフェノールやら、ミネラルが豊富に含まれとるらしい。」

ひよ之介 : 「それがお茶やったら、手軽に摂れるってことやな。」

川たろう : 「ネット上では健康食品も色々とあるからな。こないだ雑穀米とかも当たっとったけど、お茶もよう当たるなぁ。」

ひよ之介 : 「次は・・・花とみどりのギフト券か。」

川たろう : 「一枚1000円分が3枚で3000円分や。」

ひよ之介 : 「けっこうデカイで。」

川たろう : 「花とみどりにしか使われへんけどな。ウチの管理人やったら、ちょうどこれからの季節はハーブの苗とか、色々買えるからええやん。」

ひよ之介 : 「今日もハーブの苗を6本も買うとった。」

川たろう : 「このギフト券の使われへん店でな。」たらーっ(汗)

little-080316b.jpg
ひよ之介 : 「このギフト券ってな、有効期限があるんやで。使える店で買い物せんとアカンで。」

川たろう : 「そうや。上手に使わんとな。 図書券みたいにどこなと使えるんとちゃうからな。」

ひよ之介 : 「ハーブの苗やったら100円くらいからあるからな、けっこう買えるよな。」

川たろう : 「あ、そうそう。ウチの管理人のもうひとつのブログ、ハーブがテーマになってるのがあるんですが・・・。皆さま、ぜひ覗いてやって下さい。」

ひよ之介 : 「左のリンクのとこにありますので。よろしくお願いします!」
posted by hades444 at 00:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 懸賞で当たったよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

こんなのもらえるの?

川たろう : 「今回も懸賞の当選で頂いたものを紹介します。今回は当選以外で貰ったものもあります。」

なつこ : 「この可愛らしい包みは・・・ポプリと手作りの石鹸です。」

little-080310.jpgひよ之介 : 「こういう路線の賞品ってけっこう貰ってるよな。 ハーブティーとかもちょくちょく当たってるし。」

川たろう : 「そういうお店がネット上に多いってのもあるやろな。」

なつこ : 「やっぱり日用品は自然のものがいいもんね。 安全やし。」

ひよ之介 : 「ウチの管理人は日用品に関しては、100%自然のものしか使わんからなぁ。」

なつこ : 「芳香剤とかも化学物質のは一切使わへんし。」

川たろう : 「そういう点では嬉しい頂き物やなぁ。」

little-0803102.jpgひよ之介 : 「次は? これは何よ? こんにゃくチップ?」

川たろう : 「これ、人気商品らしいで。」

なつこ : 「ダイエット中の人にもええやろね。 小腹が空いたときとか・・・いいかも。」

ひよ之介 : 「旨すぎて、ついつい一袋全部食ってしまいました、とか云うたら笑うで。」

川たろう : 「そら意味ないで。」たらーっ(汗)


なつこ : 「次は・・・当選じゃないんです。これは懸賞自体には落選してるんですけど・・・。」

川たろう : 「これは 愛知県安城市の 株式会社やまと さんから頂きました。 試食用の長うどん2人前です。」

ひよ之介 : 「懸賞に応募したら、試食用のうどんが貰えたん?」

川たろう : 「そやねん。 このうどんに手紙が同封されててな・・・まず懸賞応募のお礼が書いてある。ほんで誠に申し訳ございませんが、ご希望にお応えすることが出来ませんでしたが、応募のお礼に試食用の長うどんをお送りします、試食して頂いて、納得頂ければ是非ともご利用下さい・・・と丁寧な文章で綴られてんねん。」

ひよ之介 : 「懸賞応募してると企業も色々あるもんな。 応募の条件がメルマガ読め、ただしフリーメールは使うなとかって制約を設けてる企業も多いけどな。」

川たろう : 「そういうトコに限って当選人数も少ないしな。」

ひよ之介 : 「丁寧な企業さんはホンマに丁寧や。 賞品を発送しました、とか無事に着いておりますでしょうか、とかってメールが来るとこもあるよね。 感想とか、賞品は無事に届きましたよ、ってメール送っても丁寧なお礼が返ってくるよな。」

なつこ : 「前に当たった信州のおそば屋さんも丁寧なお店やったね。 梱包のすっごい丁寧やったし、メールの連絡も細やかでね。」

川たろう : 「そういうお店や会社の場合は、ぜひココで買い物しようって思うし、買うよね。」

なつこ : 「そうそう。」

ひよ之介 : 「フリーメールのアドレスはアカンとかって言うときながら、自分とこのメルマガは購読解除出来んようになってるような会社では買いたくないわな。」

little-0803103.jpg
川たろう : 「この試食のうどんを頂いた企業さんも、これがキッカケでファンになる人もあるやろしな。」

なつこ : 「同じ買うなら・・・ってね。」

ひよ之介 : 「それが人情っちゅうもんですわ。」

川たろう : 「そういう結果になって欲しいしね。」
posted by hades444 at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 懸賞で当たったよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

ワンセグチューナーが当たりました!

なつこ : 「今回も懸賞に当たったって記事なんです。」

弥生 : 「はいはいはい。 タイトルの通りなんですけど・・・ワンセグチューナーに当たりましたね〜。」

なつこ : 「ワンセグチューナーはずっと狙って応募してたけど・・・こないだの記事で紹介したように、先に買っちゃったんよね。安いのを。」

弥生 : 「そうそう。・・・んで、実際に使ってみたら電波状況によってはチョイ厳しい時もあるよって話で。」

なつこ : 「高級品やったらどれくらい違うんかな〜っていう疑問を残してました。」たらーっ(汗)

弥生 : 「そんな訳で・・・ワンセグチューナー狙いの応募は続けてましたって訳なんです。」

なつこ : 「今回の賞品は・・・これです。」

little-080217.jpg弥生 : 「BUFFALOの“ちょいテレ ウルトラ高感度”って商品です。」

なつこ : 「こないだ買った安いのより、ずっと充実したセット内容です。
外部アンテナもついてるし、勿論録画も出来て、タイムシフトの機能もあるし・・。」

弥生 : 「内臓ブースターもついてて、ノイズフィルター機能もあるし、キーワードで頭出し出来るしね。」

なつこ : 「懸賞も当たり出すと、こういうのも当たってやりがいがあります。」

弥生 : 「ちょっと送ってみたけど。。。やっぱり当たらへんし。。。止めてしまいました。。。って人も多いんですけど・・・、やっぱり送り続けることです。」

なつこ : 「応募し続けるのは面倒やけど・・・でも、ほとんどの懸賞の当選人数は応募数からすると微々たるもんです。」

弥生 : 「それでも誰かが当たってます。」

なつこ : 「中には不正応募で有名人って人もいますし、あの手この手でやってる人もいますけど・・・。」

弥生 : 「うちの管理人みたいに一通の応募で当たる場合もあるってのも事実なんで・・・やっぱり応募することが当たる最低条件なんですよね。」

なつこ : 「送ってみましょ!」
posted by hades444 at 23:50| Comment(5) | TrackBack(0) | 懸賞で当たったよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

快調に当選中です

little-080208.jpg川たろう : 「今回は味噌と饅頭が当たりました、という報告ですわ。」

ひよ之介 : 「味噌や米が当たるっていう懸賞は結構多いね。 ただ、米の場合は当選人数が少なかったりするけどな。」

川たろう : 「ウチの管理人は味噌は6回目くらいの当選やけど、こういうものは当たると嬉しいもんやで。」

ひよ之介 : 「米もそうやけど、長く持つからなぁ。 味噌とインターネットっていうのはイメージが結び付きにくいけど、HPを開設してる味噌やしょうゆの会社って全国にたくさんあるもんな。」

川たろう : 「味噌はその土地によって色んな味もあって、種類もあるから楽しみもあるしね。今回の賞品は田舎味噌ってことやけど、香りも良くて味わい深い味噌やったで。」

little-080208a.jpgひよ之介 : 「これだけたっぷりの量やと、しばらく味噌は買わんでもええな。」

川たろう : 「ネット上には味噌の会社のHPでやってる懸賞もけっこうあるんで、みなさんも探してみて下さい。」

ひよ之介 : 「んで、次は饅頭やね。」

川たろう : 「饅頭もこないだの大福とか、今までにも色んな饅頭が当たってるんやけど・・・今回は
九州は唐津の“大原 松露饅頭”という銘菓ですわ。」

ひよ之介 : 「これまでにも九州の銘菓というのは何回か当たってるんやけど、九州のお菓子は美味しいもんが結構多いよね。」

川たろう : 「この饅頭はな、こしあんにカステラの生地をかけながら、たこ焼きみたいに焼きながら作るんやで。」

ひよ之介 : 「ホームページでは作り方を紹介してるよな。実際に食べてみると、ごっつい旨い。」

little-080208b.jpg川たろう : 「おいしいお茶と一緒に、ほっこり楽しみたいもんや。」

ひよ之介 : 「このところ、食品関連の当選が多いなぁ。」

川たろう : 「図書カードやクオカードもけっこうあるで。カードは紹介して写真載せてもおもろないから、載せてないけど。」

ひよ之介 : 「普通の懸賞以外にも、何かの名前を付けるキャンペーンとかもあるしな。」

川たろう : 「そうやねん。実はウチの管理人が名前を付けたっていうものがいくつかあるねん。その入賞の賞品で貰ったものも結構あるな。 実は今日も一件、通知が来たけどな。」

ひよ之介 : 「そのうち、もっとでかいもんを紹介したいもんやね。」

川たろう : 「そやな。」
posted by hades444 at 18:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 懸賞で当たったよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

どんどん当てましょう!!

川たろう : 「正月のあいさつもせんうちに2月になってしもたがな~!」

ひよ之介 : 「再開したと思ったら・・・これではイカンわ。」

川たろう : 「今さら 明けまして・・・なんちゅうてボケをかます訳にも行きませんので、いきなり本題に入らせて頂きます。」

ひよ之介 : 「えらいすんまへん!」

川たろう : 「ほんでやね、今回は懸賞ってものは、色々と当たるもんでっせ!っちゅう話なんですわ。」

ひよ之介 : 「前にも色々と紹介しとったけど。。。ブログ自体が消えてしもたしな。 今回は変わったもんが当たったんかな?」

川たろう : 「いくつか紹介していこか。 ・・・まずは信州の旨いものがセットになってる豪華賞品です。」

little-080201a.jpg
ひよ之介 : 「これは盛り沢山や! りんご・信州そば・韃靼そば茶・鶏の山賊焼き・馬もつの味噌煮込み・野沢菜漬けか!」

川たろう : 「これは実際に買うと、けっこういいお値段でっせ。大将!」

ひよ之介 : 「旨い信州のそばをずるずる~っとすすりながら、鶏の山賊焼きをガブッと頬張るなんて贅沢やな〜!」

川たろう : 「これで信州の旨い地酒があったら、もう最高やで! 野沢菜でちびちびもええしな!」

ひよ之介 : 「これだけのもんが当たると、かなり嬉しいな!」

川たろう : 「次はこれや! こないだの伊賀忍術ラーメンに続いて・・・またもラーメンや!」

little-080201b.jpg
なつこ : 「今度は但馬牛味噌ラーメンね♪」

ひよ之介 : 「あ、なっちゃん、いつの間に?」

なつこ : 「あたしがおらんと華がないでしょ?」

川たろう : 「よう言うてはりますわ・・・。」

なつこ : 「このラーメンは但馬牛っていうこってりしたイメージとは違った美味しさやねん。」

ひよ之介 : 「濃厚な感じかと思ったけど・・ちゃうの?」

川たろう : 「オレもや。こってり味噌味かと思ったで。」

なつこ : 「あっさり、さっぱりした味噌味よ。スープをたっぷり飲んでももたれへん感じ。」

ひよ之介 : 「4食入りっていうのもお徳やね。但馬牛はブランド牛やしな。」

川たろう : 「かの“船場吉兆”が偽装しとったくらいやし・・・」

なつこ : 「ささやくおばはん・・・ね。」たらーっ(汗)

ひよ之介 : 「次いこ!」

なつこ : 「次は・・・学校給食関係のサイトで頂いた給食食材やねん♪」

川たろう : 「これですわ。学校給食って書いてるやろ。」

little-080201c.jpgひよ之介 : 「ほんまやな。そやけど中身を見せてくれなあかんで。」

川たろう : 「そないに慌てんでも。 “慌てる小僧は前戯が少ない”って云うがな。」

なつこ : 「むかっ(怒り)

ひよ之介 : 「わはは。そらイカン!」

川たろう : 「ほ、ほな! 見てもらいましょ!!」あせあせ(飛び散る汗)

little-080201d.jpgなつこ : 「小袋じゃないけど、給食のパンに塗るクリームやんね。」

ひよ之介 : 「ほほーっ! チョコレートクリームにピーナッツクリームね。それからレーズンクリームか!」

川たろう : 「給食のパンについてたんはマーガリンとジャムが多いけど・・・たまにチョコレートクリームやったりしたんやね。」

なつこ : 「ジャムはりんごとマーマレードやったわ。マーマレードは嫌いっていう子が多かったけど。」

ひよ之介 : 「ジャムはまあ・・まだええとしてもな、今から思えば焼いてないパンにマーガリン塗って食えっちゅうのもキッツイ話やで。」

川たろう : 「ウチの管理人の時代にはレーズンクリームとかピーナッツクリームは給食には出んかったってさ。」

ひよ之介 : 「今の給食ってな、ウチの管理人の頃の給食に比べたら相当おいしくなってるんやろ?」

川たろう : 「昔の給食はかなり厳しいもんがあったって話やど。」たらーっ(汗)

なつこ : 「肉といえば硬い鯨肉やったって。」

ひよ之介 : 「今では高級食材やけどな。」

川たろう : 「米飯給食もなかったらしいしな。」

ひよ之介 : 「ベコベコにへこんだりしてる、傷だらけの食器でな・・・。」

なつこ : 「あぁ・・・あの刑務所の食器みたいなやつ?」

川たろう : 「それが賞品やなくて良かったでー。」

ひよ之介 : 「今回は食べ物ばっかりやな。」

なつこ : 「他にも図書カードとかQUOカードが何枚も当たってるけど、ビジュアル的にどって事もないんで紹介してないねん。」

川たろう : 「こないして色々当たるには・・・。」

ひよ之介 : 「やっぱり応募することですわ。」

なつこ : 「うん! あきらめずにね。 当たるまで送る! 当たると思って。」

川たろう : 「皆さんもどんどん応募して当てましょ!!」



posted by hades444 at 00:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 懸賞で当たったよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。