2006年12月16日

自宅で名店ラーメンを作ってみた。

little-1217a.gif
 川たろう : 「まいどー。今回はうちの管理人が、北海道の得意先に半強制的に買わされた北海道ラーメンセットの話なんですわ。」
 
ひよ之介 : 「この北海道のラーメンセットは毎年あるそうやで。」
 
なつこ : 「去年とは内容は違うけどね。毎年微妙に違った内容になってるよね。」
 
 
川たろう : 「北海道の名店シリーズってことで、今回の内容は・・・純連・てつや・一国堂っていう9食セットやねんな。・・去年は蜂屋・てつや・山頭火・一国堂の8食セットやったけど。」
 
ひよ之介 : 「このセットで3000円ってことは・・・1食で333円か。得意先からの買い物ってことで、消費税・送料込みってとこは得してるとは言えるかな。」
 
なつこ : 「でも・・9食1セットと9セット以上買わなアカンらしいよ。会社の中でみんなに協力してもらうんやって。」
 
川たろう : 「キビシイ話ですわ。ま、他にも色んなお付き合いがあるそうやけど。」
 
ひよ之介 : 「・・で、おいしいんかいな?このラーメンは?」
 
なつこ : 「おいしいんよ! 実際にお店で食べるのとは具も違うし、まるっきり一緒ではないけど、スープや麺も再現できるように、かなり努力はされてるって。」
 
川たろう : 「ほな、実際の試食レポート、行こか!」
 
なつこ : 「うん! これってさ、よく北海道のお土産屋さんとか空港とか駅で売ってるのと同じなんよね。ああいうとこで買うと3店舗セットとかにはなってないけどね。」
 
ひよ之介 : 「今日作ってみたんは・・どれ?」
 
 little-1217b.gif川たろう : 「札幌は純連のみそラーメンですわ。たっぷりの味噌とかなりこってりの脂がセットされたスープやねん。濃厚な味噌味を再現してるわ。」
 
ひよ之介 : 「具は・・チャーシュー、もやし、ネギにメンマが入ってるけど、パックには勿論入ってないよな。」
 
なつこ : 「具は自分で用意するんよ。でもさ、今は煮玉子もメンマもチャーシューも売ってるしね。ネット通販を使えば、かなり上質のチャーシューや煮玉子もあるよ。」
 
川たろう : 「麺の茹で方も工夫次第で、コシのある麺になるしな。家でうまいラーメンも作れるわけよ。」
 
ひよ之介 : 「1食333円と考えたら、安いか高いかやなぁ~。安いか!」
 
なつこ : 「北海道の人は実店舗に行けるから、わざわざ買う必要ないけどね。」
 
川たろう : 「全国名店ラーメン頒布会、みたいなのもあるやん。何ヶ月かの間、毎月送ってくるようなので。」
 
ひよ之介 : 「あるある!よう、通販であるよね。」
  little-1217c.gif
 
なつこ : 「あのテの名店ラーメンと基本的には一緒なんよ。ま、実際のお店も監修してるから、あまりにもお店の味とかけ離れてたら、看板に傷がつくやん? だから、そういう点では及第ってことやろね。」
 
川たろう : 「自宅で各地のラーメンを食べたい人にはいいかも知れへんで。チャーシューなんかも拘ってさ、おいしく作ればね。このセットもネット通販であるそうやしね。」
 
ひよ之介 : 「去年のセットもあるわ。去年の蜂屋なんかは、けっこう再現出来てたよな。」
 
なつこ : 「リンクも紹介しときましょ。」
 


北海道名店の味9食詰合 「純連」 「てつや」 「初代一国堂」 (JTI-30)

 
去年のセットはこれでした↓ 
北海道のラーメン名店の味8食詰合★てつや・初代一国堂・山頭火・旭川蜂屋 SA-30
posted by hades444 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ごっつい旨いもん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これがトレンド?

little-1216.gif
川たろう : 「今日の絵日記は・・・グルメでも懸賞でもないねんけど・・。」
 
なつこ : 「あははー。何よコレ〜・」
 
ひよ之介 : 「ダジャレ王って・・? こっちは“おやじギャグ大全集”?」
 
川たろう : 「こないだJR札幌駅の中の本屋で見つけたんやけど・・
今時の小学生って、こんなん読んどるんかいな?」
 
ひよ之介 : 「・・・どんな内容やねん・・?たらーっ(汗)
 
なつこ : 「知りたいーっ!」
 
川たろう : 「調べてきました。ネットで見てみるとや・・・何と!このダジャレ王っちゅうのはシリーズ化されとる!!」
 
ひよ之介 : 「マジかいなあせあせ(飛び散る汗) ほな、小学生に人気のある本なんかいな!」
 
川たろう : 「ホンマやで。“必殺ダジャレ王” “ダジャレ王の逆襲” ほんでこの“かえってきたダジャレ王”と、似たようなので“ダジャレの神様”っちゅうのもあんねん。」
 
なつこ : 「あははは! 『超バカウケ!』って書いてる!」
 
川たろう : 「ネット通販での紹介文ではな、これは“必殺!ダジャレ王”のもんやけど・・『もしもキミがめだちたいなら? そう、超カッコイイか、超デキルやつか、超スポーツマンになるにかぎる。どれもムリだとしたら、もう、わらいをとってめだつしかない! ボクたちといっしょに、ダジャレ修業してみないか? 』やて。」
 
ひよ之介 : 「子供のうちから、アカンかったら笑いに走れっちゅうのもなぁ・・・たらーっ(汗)
 
川たろう : 「えーっと、“ダジャレ王の逆襲”の紹介では・・『日本海があるのは日本かい? 木星もクセー!! など、バカウケのダジャレを満載した本。ダジャレ大好き三人組のいる学校に、ダジャレ好きの転校生がやってきて…。 』やて。ストーリーがあんのかいな。おまけに『クラスで超ウケのダジャレがいっぱい! これさえおぼえれば、人気者まちがいなし! 読者がかんがえたダジャレもバッチリ収録。 』ってさ。」
 
なつこ : 「あはは。さむいー!」
 
川たろう : 「ほんで、“かえってきたダジャレ王”はな・・・『友だちといてシーンとしたとき、気分がおちこんだとき、けんかしたとき、ステキなダジャレをつぶやいてごらん。たちまち世界はパラダイス!世界じゅう元気になってしまうのさっ。
 
ひよ之介 : 「シーンとした時にしょーもないダジャレ言うたら、余計にシーンさせてまうで!」
 
川たろう : 「しかも・・この本の内容が、これや。

第1章 朝からノリノリダジャレ―ねぼけた頭もスッキリだ!!
第2章 学校でもパワフルにダジャレ―ピンチのときでもダジャレなのだ!!
第3章 放課後もはりきってダジャレ―まだまだこれから全開だ!!
第4章 あしたもハッピーにダジャレ―ダジャレの日々はつづくのだ!!

一日中ダジャレで過ごせ!やで。」
 
なつこ : 「そんなやつ迷惑やんー!あせあせ(飛び散る汗)
 
川たろう ; 「“ダジャレの神様”も同じような内容やな。『笑いのセンスに磨きをかけるなら「ダジャレ」! 「バレエをがんばれえ」「私のドレスはどれっスか?」など、バカウケダジャレがギッシリ。すみからすみまでダジャレ満載。きみもダジャレの神さまになろう。』って書いとる。」
 
ひよ之介 : 「頭痛くなってきたわ・・たらーっ(汗)
 
なつこ : 「あははー。しょーもないーっ!」
 
川たろう : 「・・・隣にあった“おやじギャグ大全集”のことも知りたい?」
 
なつこ : 「もうええわ!」
 
 
 
 
posted by hades444 at 10:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょっとした発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。