2007年02月25日

駅弁とデパ地下弁当 あなたはどっち?

little-0224.jpgなつこ : 「弥生ちゃん、出張が多いウチの管理人さんからの課題やねん。」
 
弥 生 : 「駅弁とデパ地下弁当ね。どっちかな?」
 
なつこ : 「ほな、まず駅弁からね。管理人さんのよく行く北海道は駅弁の宝庫と言うてもええよね。」
 
弥 生 : 「ざっと挙げても・・・森のいかめし、長万部のかにめし・・って色々あるし。北海道だけに海産物系が多いよね。」
 
なつこ : 「これはね、釧路から札幌の間を走ってる“特急スーパーおおぞら”の上り列車だけで売ってる“いわしのほっかぶり寿司”って云うの。」
 
弥 生 : 「管理人さんが時間がなくてお昼を食べられへんかったから、車内販売で買ったやつね。ほんとは“釧路漁礁”っていうカニとか入ってるのが食べたかったって。」
 
なつこ : 「あはは。そうそう。列車に乗ったのが帯広やったから売り切れってさ。」
 
弥 生 : 「いわしのお寿司の上に酢漬けの薄く切った大根が載ってる、サッパリ系のお寿司ね。9個入りで990円。」
 
なつこ : 「駅弁のお寿司類ってさ、酢飯多くない? ネタは小さいし薄っぺらで、ご飯ばっかしっぽい。」
 
弥 生 : 「おかずも味がどれも一緒っぽいね。見た目は良さそうでも開けてみると・・・あれ?こんなもんなの?ってのが多いよね。」
 
なつこ : 「たしかに満足度の高い駅弁もあるねんけど・・・でも、それは一部やと思うねん。」
 
弥 生 : 「味や内容と値段のギャップを感じる場合が多いよね。」
 
なつこ : 「旅気分は味わえる・・って利点もあるけどね。」
 
弥 生 : 「でもさー、管理人さん曰く、それはホントに旅行の時なんかで・・スーツ着て仕事の疲れもけっこう背負ってて・・となりに整髪料臭いおっちゃんが、靴まで脱いで座ってる列車の中で、駅弁食べても・・旅気分にはならん!って。」 
 
なつこ : 「新聞をガサー!ガサー!って大きな音立てて開いてね。」
 
弥 生 : 「でも、そういうおっちゃんって、どんな雰囲気もぶち壊すからね。」
 
なつこ : 「・・・かたやデパ地下弁当か。」
 little-0224b.jpg
弥 生 : 「こっちは列車の待ち時間にパチンコでちょい負けして、乗車前にデパ地下で買ったお弁当ね。」
 
なつこ : 「鶏の唐揚に温泉玉子と甘辛いタレがかかってます。大きい丸エビフライも入ってます。」
 
弥 生 : 「550円。安いわ。」
 
なつこ : 「デパ地下弁当って、結構平均的に美味しいよね。弁当専門業者の弁当って言うより、有名店のお弁当ってのが多いしね。」
 
弥 生 : 「野菜不足が気になるけどね。でも、化学物質の点を考えたらコンビニ弁当よりはずっとずっといいね。」
 
なつこ : 「地方の百貨店ってあるでしょ? そういう百貨店のデパ地下のお店の弁当の場合ね、その土地の人たちのお買い物の対象になってたりするやん?
だから、魚でも野菜でも、その土地の人でも満足できるものじゃないと売れへんやん。」
 
弥 生 : 「・・・ってことは、その時の気分で何でもかんでも舞い上がって“旨い”って感じる観光客よりは、味にシビアな現地の人も食べてるって事よね。たしかに函館の朝市で地元の人はまず100%買い物しないって言うもんね。」
 
なつこ : 「もっと安くておいしい市場があります、って言うよね。それと同じじゃないかな?駅弁とデパ地下弁当の違いは。」
 
弥 生 : 「デパ地下でもイマイチのお店もあるけどね。有名店なら素材・味ともにいいかもね。その地方の名物の入ったお弁当を探せばいいのよね。」
 
なつこ : 「デパートって、大きなターミナルに隣接してるしね。駅弁の雰囲気が好きな人は駅弁でしょうけどね。」
 
弥 生 : 「臭いおっちゃんが隣に座った場合は、どんな美味しいものでも・・美味しさは半減します。」
 
なつこ : 「隣に香水臭いお姉さんが座った時も同じです。」
 
弥 生 : 「ところでさー、最後の画像は何なん?」
 
なつこ : 「あ、これはオマケね。北海道では鶏の唐揚のことを“ザンギ”って言うんよね。コンビニ弁当でも、デパ地下弁当でも“ザンギ弁当”なんよ。」
 little-0224c.jpg
 弥 生 : 「居酒屋でも“ザンギ”って書いてるよね。たこの唐揚は“たこザンギ”でしょ。」
 
なつこ : 「何で?北海道の皆さん。」
 
弥 生 : 「ぜひ、語って下さい!」 
 
 
 
 
posted by hades444 at 00:09| Comment(3) | TrackBack(0) | ちょっとした発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かっぱちゃんさん こんばんは。
イワシのお寿司とは珍しいですね。
さんまとか鯖のお寿司はよくありますが、
北海道らしい。
ponも駅弁は好きですよ。
少なくとも空弁よりはかなりおいしい。
それとご当地の地方色が出ててうれしいですね。
サンギははじめて聞きました!nice!
Posted by pon at 2007年02月25日 20:48
なんで「ザンギ」なんでしょう・・・。
私も初めて聞いた時は どんな食べ物が出てくるのかとワクワクしたけれど。
大阪で揚げさんの乗ったお蕎麦を「タヌキ」と言うように・・・かな。
他の所では「キツネそば」だものね。

この間 デパートの「全国うまいもんフェア」で「イカ焼き」を6枚も買ってしまった!

駅弁は旅をしている〜!と言うのを味わいたいから買う。
デパ地下のお弁当はお腹が減っているから買う(^O^)
Posted by ゆきのガコちゃん at 2007年03月08日 10:40
大阪ではあげの入ったうどんが「きつね」、それに対してあげの入ったそばは「たぬき」ですが、京都で食べた時には店の人が「きつねそば」を言ってました。

旭川でそば屋さんに入った時に、メニューを見たら「たぬきうどん」と書いてあったんで、パニックになりました。
試しに頼んでみて、出てきたものは、大阪でいう「素うどん」でした。
Posted by hades444 at 2007年03月09日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。