2006年12月30日

懸賞の弊害ってあるの? その1

little-1229a.jpgなつこ : 「またまた懸賞に当たってます。今回もなかなか美味しいものをタダで頂いております。」
 
弥生 : 「まず・・これは数の子昆布やって。買うといいお値段するんじゃないかな?包装まで、えらい立派です。」
 
みーこ : 「次はローストビーフ!! まずは断面写真を見てもらいましょ!」
 
little-1229b.jpg
なつこ : 「おぉーっ!って声が聞こえてきそうやわ。」
 
弥生 : 「このローストビーフは2ブロック届いてるんよね。かなり量がありますー♪」
 
みーこ : 「もうソースがかかった状態やけど・・かなり色んな料理に使えそうな、柔らか〜いお肉です。香りもいいしね!」
 
 
なつこ : 「では、スライスしていただきましょう!状態をご覧ください。」
 
弥生 : 「これがさっきの断面の片方分くらいです。」
 
みーこ : 「かなりなボリュームやねー。飽きるくらいあるわ♪」
 
little-1229c.jpg
なつこ : 「ところでさー、今回の話題は・・当選の内容より、ネット懸賞に応募して大丈夫なん?って事なんよね。」
 
弥生 : 「そうよね。リスクもあるんとちゃうの・・?ってトコをね。」
 
みーこ : 「個人情報も問題もあるし。」
 
なつこ : 「まず、懸賞に応募する上で“覚悟しとかなあかん事”っていうのは、大量のメールやメールマガジンが届くようになる事よね。」
 
弥生 : 「ここの管理人さんは一日300通くらいのメールが来てます。」
 
みーこ : 「数はコントロール出来るの?」
 
なつこ : 「まずね、懸賞応募の時にメルマガ読者として自動的に登録されるケースと、メルマガを読むか、読まへんかを選択出来る場合があるんよね。・・・でも、選択で“読まない”を選択すると“当選メールが受け取れなくなります”っていう半強制的なのもあるわ。」
 
弥生 : 「メルマガは自由選択です、当落には関係しません、って謳ってるとこもあるけど・・どうなん?」
 
なつこ : 「読むって事にしといた方がいいよね。」
 
みーこ : 「今までの“懸賞のコツ”の紹介で“人が選んでる”って部分があったやん?それから考えたら
メルマガは読みません、商品も買いません、ただ懸賞だけ当たりたいって人を選ぶんか?ってとことちゃうの?」
 
なつこ : 「そういう事やん。・・あとね、そのショップのお知らせメールやメルマガと同時に、ネットのショッピングモールのメルマガにも登録されたり、メルマガサイトの方にも登録されたりってのもあるよ。」
 
弥生 : 「ショッピングモールって言うたら・・楽天とかビッダーズとか?」
 
なつこ : 「そうそう! これって結構何通も来るんよね〜。楽天とかビッダーズの懸賞って当たらないって言う人がすっごく多いけど・・・。異常な多重応募者もいるしね。ここは。」
 
みーこ : 「メルマガ配信サイトって?」
 
なつこ : 「そっちはね、“まぐまぐ”とか“melma!”とかね。まぐまぐはそうでもないけど、解除の仕方が面倒なとこもあるんよ。」
 
弥生 : 「でもさー、そうやって“お知らせメール”とか“メルマガ”が一日に何百通も来てたらね、メールボックスがパンクしてしまうわ。」
 
みーこ : 「友達とか仕事とかで必要なメールが来てても、その中に埋もれてしまったら探すだけでも面倒くさいやん。そんなんイヤやわー。」
 
弥生 : 「どうすんの?」
 
なつこ : 「そこで使いたいのがフリーメールなんよ! フリーメールやったら自分のメアド以外にいつらでも持てるでしょ? それにフィルターも掛けられるし、懸賞応募用にひとつ持っておくのもいいかもよ。」
 
弥生 : 「あ♪ hotmailとかね。」
 
なつこ : 「そうそう! ただね、『フリーメールお断り!』っていうとこもあるよ。なんかもっともらしい説教臭いことをダラダラ掲げてあるけど、そんなん無視です。自分のトコのメルマガが届かないとか、当選メールがはじかれるから、とか身分を明かさないフリーメールはフェアでないとか、それはもう・・とにかく訳のわからん理屈を並べ立ててるけどね。そんなセコイとこは無視でーす。」
 
弥生 : 「でもフリーメールのアドでも届いてるんでしょ?メルマガは。」
 
なつこ : 「キッチリ届いてるよー。メルマガが届かないから、って言ってるお店のメルマガがうるさいくらい届いてます。たらーっ(汗)
 
みーこ : 「フリーメール使ってるとしても、当選したら賞品は自宅に届くようにせなアカンし、身元を明かさないからなんてムチャクチャな言い分とちゃうの?」
 
なつこ : 「そやね、でもそういうお店ってさ、もう言ってる時点で自分の言うてる事に酔ってるわ。東京の盆栽の会社なんてさ、当選してんのに賞品は送ってこなかったし。結局はさ、いくらサイトで『お客さまが大切です』みたいな事を言うてても、実際にはそんなもんで口先だけやん!て感じ。サイトには『当選者の皆さまには賞品を発送しました』ってなってるんよ。嘘つきやわ。」
 
弥生 : 「連絡しても?」
 
なつこ : 「ほったらかし! この東京の盆栽の会社は最悪! あとね、あるブランドものの質屋さんのやってるサイトはね、すごく公平な懸賞をやっててさ、もちろんフリーメールはダメみたいな了見の狭い事は言わへんし、こないだも当たったけど・・送り先を申請する期限内に連絡するのが遅れてね、一日過ぎちゃったんよ。連絡したら、すぐにレスが来てね。せっかくご連絡を頂いたのですが、誠に申し訳ございませんが規定により締め切りとなりましたので、事情ご賢察のうえご了承ください、ぜひまた応募して下さい、ってね。」
 
弥生 : 「そういう風に丁寧やと、ホントに全方位でお客さんを大事にしてるのが伝わるよ。逆に懸賞が縁で商品購入につながるでしょ?」
 
みーこ : 「ここの管理人さんも懸賞が縁で商品購入に繋がってるお店があるやん。」
 
なつこ : 「うん。お店の真摯な姿勢に商品購入や、感想を送ったりして、お店にとって懸賞が有効になるように応えようとしてます。やっぱり、当選してそれっきりっていうのもね。」
 
弥生 : 「感想を送ったら、サイトに掲載されるからお店にとってはお客さまの声、として活用できるしね。」
 
みーこ : 「ほな、まとめ! まずは『懸賞に応募したらメールがいっぱい来る』、これが弊害の1つめね。
次回はもうひとつの弊害を紹介しましょ。」
 
 
posted by hades444 at 11:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 懸賞で当たったよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

アイス最中・カルメ焼き・QUOカードなど・・

little-1221a.gif川たろう : 「またも、快調に当たっております。」
 
ひよ之介 : 「去年のこの時期も当選続発やったな。今回はアイス最中ですか? ・・あとカルメ焼き? QUOカードはええなぁ!」
 
なつこ : 「カードは¥2000カードが当たってるのね。このアイス最中は9種類の味のセットなんよね。」
 
川たろう : 「高知県の道の駅で売ってるそうやで。このアイス最中。味は・・・みるく味・自然塩味・生姜味・
ゆず味・とまと味・きなこ味・いちご味・緑茶味・米粉味の9種類やねん。みるく味とかいちご味以外は・・・“え?大丈夫なん?”みたいな感じやろ?」
 
ひよ之介 : 「名前だけ見たら引くよな・・。」
 
なつこ : 「それが予想を超えた味なんよね! 生姜味は粟おこしなんかの微かな生姜の香り程度に、アイスの甘さがすごくマッチしてて美味しいし、とまと味もトマトジュースみたいな香りとサッパリした後味で、すごい斬新なんよね。」
 
川たろう : 「ゆずもな。ゆずの香りがアイス最中としての味を引き立ててんねん。自然塩味なんて、想像しにくい味やけど・・・ほんまに微かな塩味が、濃厚なアイスの味や程よい甘さを引き立ててるわ。」
 
ひよ之介 : 「そうか!名前から来るイメージとは、かなり違った美味しさがあるんやね。」
 
川たろう : 「カルメ焼きは・・こらまた懐かしいお菓子や。」
 
なつこ : 「なつ菓子屋って書いてるやん。」
 
ひよ之介 : 「さっきは高知、これは福島のお店らしいやん。」
 
なつこ : 「あ!忘れてた。もうひとつ当たりがあったわ。」
 
ひよ之介 : 「どれどれ?」
 
なつこ : 「これ!広島の“かき醤油のり”。味付け海苔みたいな感じ。これもおいしかったよ。」
 
little-1221b.gif

  ↑これがカルメ焼きです。
 
little-1221c.gif

   ↑こっちはかき醤油海苔
 
川たろう : 「・・・と後はQUOカード2000円分か。・・なかなかの好成績です。」
 
ひよ之介 : 「でもさ、ネット懸賞って当たるっていうメリットだけなんか? リスクの方はどうよ?」
 
なつこ : 「そうよね。次回の懸賞ネタの時には・・“懸賞の弊害はあるの?”って事でやってみます。」
 
ひよ之介 : 「そら大事な事や!」

posted by hades444 at 00:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 懸賞で当たったよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

懸賞当選。ちゃんぽんと皿うどん。

little-1215a.gif川たろう : 「また当たりましたがな。懸賞に。」
 
ひよ之介 : 「これは皿うどんとちゃんぽんやね。・・なになに? 味噌煮込みちゃんぽんと・・カレー皿うどんか。」
 
なつこ : 「2パックづつ来てるわ。」
 
川たろう : 「非常に食欲をそそるパッケージやなー!」
 
ひよ之介 : 「味噌煮込みとかカレーとか言う味にも惹かれますな~!」
 
なつこ : 「んでね、作ってみました! 味噌煮込みちゃんぽんを!」
 
川たろう : 「お! 今回は試食レポート付きか!」
 
ひよ之介 : 「出来上がりの画像は・・・。」
 
little-1215b.gif ←味噌煮込みちゃんぽん & 鱈の親子漬け
 
なつこ : 「どうですかーっ!お客さーん!」
 
川たろう : 「具だくさんやな〜! 豚肉に人参・しいたけ・油揚げ・白ネギ・イカ・えび・白菜・・と、小松菜?」
 
なつこ : 「正解っ!ちょっと画像の色の調整の具合で青っぽい絵になってるけど、美味しそうでしょ?」
 
ひよ之介 : 「うんうん。旨そうや!」
 
なつこ : 「この味噌煮込みちゃんぽんは、ちょっとピリ辛で、味噌の風味もしっかり効いてるし、一捻りがあって美味しいよ。」
 
川たろう : 「ところで・・なっちゃん、この横にある小鉢もんは何?」
 
なつこ : 「あぁ、それね。それも懸賞で当たった“鱈の親子漬け”やねん。おいしいんよ。」
 
ひよ之介 : 「どっちも賞品かいな!」
 
なつこ : 「うーん。。て、言うか・・画像にはないけど・・この時は更に、これまた当たった“京都のお漬物”もあったんよね。」
 
川たろう : 「まるで懸賞生活者やんか~!」
 
なつこ : 「ちゃんぽんの具は買ってるって!」
 
ひよ之介 : 「やってみるもんやな・・。」
 
 
 
★そろそろ、クリスマスに因んだ記事も・・・。出る予定です。
posted by hades444 at 01:09| Comment(8) | TrackBack(0) | 懸賞で当たったよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

懸賞に応募しましょ その5

なつこ : 「DJブログ、なくなっちゃったね・・。記事が全部消えちゃったわ。」
 
ひよ之介 : 「腹立つなー。いきなりやで!いきなり! しかも通知なし!」
 
川たろう : 「腹立つけど・・。でも、ブログって無料で借りものやん? 記事が知的財産と言えるかどうかはわからんけど・・、仕方ない部分もあるかもね。」
 
なつこ : 「うーん。すっごい残念やけど・・。 でも、ここでまた新たに頑張ろ♪」
 
川たろう : 「うん。応援してくれはる人もいてはるし、また出直しやって!」
 
ひよ之介 : 「そやな・・。そうしよ! ・・で、懸賞シリーズは前に4回目までいってたけど・・なっちゃ  ん、懸賞のコツをおさらいしようや。」
 
なつこ : 「OK! まず最初に“応募すること” ね。 次に“賞品提供サイトを隅々までよく見ること”、3番目に“手間を惜しまないこと”。 で、4番目に“コメントをきちんと入れること”ね。」
 
川たろう : 「5番目は?」
 
ひよ之介 : 「ちょっと待った! その前に最近の戦利品を公開してもええかな?」
 
川たろう : 「お!そやった! まずはコレやね。 和歌山の梅ジュースかな?」
 
little-1203a.gif ←プラムハニップ 飲みきれるかな・・?
 
なつこ : 「青梅とはちみつのジュースね。プラムハニップって言うんよ。一箱30缶入りが当たってん。」
 
川たろう : 「次は・・・京漬物のセットか。 柚子大根・白菜・茄子の浅漬け・はりはり漬け・しば漬け・・と京都と言うたらやっぱりすぐきの漬物や。こんだけのセットやったら大収穫やで。」
 
なつこ : 「おいしいお漬物があったら、おかずがいらんくらいやもん。これはいいよね♪」
 
little-1203b.gif ←京都 川勝総本家の漬物セットです。 おいしいっす。 
 
川たろう : 「最後の・・この金キラキンの札は何なん??」
 
ひよ之介 : 「これは・・開光護身符って書いてるで。 表には仏さんかな?神様かな? それに財源廣進って書いてある。 ・・裏には、吉祥経ってお経と縁起のええ言葉が書いてあるわ。」
 
なつこ : 「財布に入れたりして持ち歩きましょうってさ。これで金運が良くなったりすんのかな?」
 
川たろう : 「色んな賞品があるんやな・・。何ちゅうか・・。他にも色々と小さいもんも当たってるんやろ?」
 
little-1203c.gif← これが護符。 ありがたいこっちゃ。
 
ひよ之介 : 「あぶら取り紙とかね。 さ、そろそろ5つめのコツを・・。」
 
なつこ : 「うん。5つめはね、“諦めずに応募し続けること”。 よく聞くでしょ? “自分は運が悪い”ってもう何回か応募して止めちゃったって話。 応募するんをやめたら・・確率は0%でしょ? でも“当たらへんから止める”んじゃなくて、“当たるまでの過程”や、って思って送り続ける事が大事
なんよ。」
 
川たろう : 「そっか。もう“自分は当たらへん”って決めつけてしまうもんな。」
 
ひよ之介 : 「諦めずに応募する、ね。 ・・・しかし、ここのブログ、使いにくいな・・。」



posted by hades444 at 18:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 懸賞で当たったよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。