2008年06月01日

神戸へ行きました。 〜北野異人館通り・2〜

little-080601.jpg川たろう : 「前回の神戸の続きなんですが・・・ここはどこですか?」

リリス : 「これは・・・ベンの家の前のとこ。右はしにちょろっとだけ写ってるのがベンの家やわ。」

ひよ之介 : 「メインで写ってる建物とちゃうんかい。」

リリス : 「この向かいに北野美術館とラインの館があるんよね。」

little-080601-2.jpg川たろう : 「あー、ここな。ラインの館が見えてきたなぁ。」

リリス : 「このラインの館はね、唯一無料で開放されてる異人館やねん。」

ひよ之介 : 「・・・唯一ってことは、他は全部有料って事かいな?」

リリス : 「そうよ。 風見鶏の館と萌黄の館は300円で安いけど、あとは大抵500円くらいから1000円くらいまで。」

川たろう : 「歴史的建造物の保存の費用もあるんやろうけど、結構するよね。」

リリス : 「割引とかもあるけどね。そういう意味ではホントに唯一の無料やから、維持のためにもお土産を買うとかの協力もしたくなるよね。ラインの館は。」

little-080601-3.jpgひよ之介 : 「これがラインの館の庭園に通じるとこやな。赤玉土が敷き詰めてあるな。」

リリス : 「内部はラインの館の往時の写真や、北野の異人館の昔の姿を移した古写真が展示されてたり、阪神淡路大震災のときの写真が展示されてるわ。」

川たろう : 「ホンマに綺麗に手入れされてるよな。」

little-080601-4.jpgひよ之介 : 「ここは?」

リリス : 「オランダ坂。ここを登って行ったら、オランダ館、ウィーン・オーストリア館、デンマーク館があって、その先にうろこの家があるんよね。」

川たろう : 「けっこう急な坂道やで。歩いたらキツそうや。」

リリス : 「かなりキツイんよね。ここ。 生活圏でもあるんで、普通に住んでる人が歩いてるけど、疲れるんよ。この坂道は。」

ひよ之介 : 「・・・で、ウィーン館の辺りで休みたくなって、ついビールを飲むと。」

little-080601-5.jpg川たろう : 「坂を上ったら・・・うろこの家があるんやな。」

リリス : 「そう。うろこの家はね、美術館もあって入館料は1000円くらい。」

ひよ之介 : 「ええ佇まいやなー。でも、こういう写真の撮り方をしてるってことは・・・入らなかったという・・・。」

川たろう : 「そういう事ですわ。 布引ハーブ園からここまで来て、坂道もいっぱい登って疲れて・・・このあと風見鶏の館や萌黄の館まで行く元気もなくなってしまいましたって。」

リリス : 「うんうん。・・・で、ここからずっと降りていって、こんどは三宮から元町まで行きます。」

ひよ之介 : 「南京町で中華料理やな。」







posted by hades444 at 21:11| Comment(31) | TrackBack(0) | 行ってきました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

神戸へ行きました。 〜北野異人館通り〜

川たろう : 「今日は“ハーブの庭”っちゅう、うちの管理人のハーブのブログと連動little-080516a.jpgした記事を紹介します。

ひよ之介 : 「神戸に遊びに行ってきましたよ、って事なんやけど、今日は“気ままに展開”からリリスさんに来てもらいました。」

川たろう : 「うんうん。そやけど、ここまではうちの管理人の3つのブログをどれか見てへんと、さっぱりわからん入り方やね。」

ひよ之介 : 「初めて来た人は何のことやら、わからんやろな。」

川たろう : 「では、それはそれで置いといて・・・初めましょか。」

ひよ之介 : 「まずは神戸の布引ハーブ園ってとこへ行ってきました。このハーブ園については・・・第3のブログ“ハーブの庭”で紹介してます。 ・・・んで、布引から北野までロープウェーで降りてきて・・・ここからが話しの始まりです。」

川たろう : 「北野1丁目っていうロープウェーの駅があるねんけど、ここから北野の異人館街に行けるんやろ?」

リリス : 「そうやねん。ロープウェーの駅の裏側に出たら、北野遊歩道っていう道に出るんよね。静かな遊歩道で、山の手の高さもあって眺めもすっごい良いんよ。」

ひよ之介 : 「異人館街まではけっこう歩くんかな?」

リリス : 「のんびり歩いて10分から15分くらいかな。 途中に北野倶楽部があったり、レストランがあったりして歩いてても飽きひんし。あっと言う間に着くよ。」

little-080516b.jpg川たろう : 「で、こんな所へ出てくる訳やな。この辺りまで来たら、もう異人館通りの風情やなー。」

リリス : 「うん。そうよ。でもここに来るまでにも教会があったりして、異人館街っぽくなってくるけどね。」

ひよ之介 : 「ここはどこら辺になるん?」

リリス : 「えっと・・ここは北野美術館に上がる小さい階段の下あたりやわ。美術館やラインの館と、英国館やベンの家とか洋館長屋の間のとこ。」

川たろう : 「ええ雰囲気やね。カップルもいてはるし。」

リリス : 「異人館の建物の殆どは、ここから上にあるんよ。」

ひよ之介 : 「ほんまの山の手やな。 でも、この辺りって結構狭い道が多いんやろ?」

little-080516c.jpg
リリス : 「そうやねん。 こんな感じの小さい路地が多いんよね。こういう所をくねくねっと曲がったり、坂を上って行ったりしてると、いろんな建物があるんよ。」

ひよ之介 : 「実際に住んでる人もたくさん居てはるんやろ?」

リリス : 「そうよ。保存建築物として残されてる建物と、普通に人が生活してるものが混在してるんで、どこでもうっかり覗き込んだりしたらアカンのよ。」

川たろう : 「そやけど、こういう洒落た街に住んでるっていうの、どんな感じなんやろなー?」

リリス : 「実際に歩いてると、犬の散歩をさせてる人とか坂道をゆっくりゆっくり上がってるおばあちゃんとか、結構すれ違うよ。」

ひよ之介 : 「ほな、異人館に入ってみましょか?」

リリス : 「その紹介は次回ね。」
posted by hades444 at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 行ってきました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

絶品! 「天金」のチャーシューメン

little-0220.jpgなつこ : 「唐突ですが・・・今回から北海道の美味しいものを紹介します。カニとかイクラとかウニとかじゃなくて・・普通に街の中で食べる美味しいものです。」
 
弥 生 : 「今回は管理人さん、イチオシの旭川ラーメンの最高峰、天金のラーメンですっ!」
 
なつこ : 「札幌みそ、旭川しょうゆと言われる、旭川のしょうゆラーメン、その中でも絶品の天金です。」
 
みーこ : 「今回はチャーシューメンね。」
 
なつこ : 「天金のラーメンは・・とんこつベースのこってりした美味しさで、すっごいコクのある、深い旨味です。」
 
弥 生 : 「麺はちぢれ麺で、そのスープがよく絡んでます。」
 
みーこ : 「旭川へ行くことがあったら、これは食べて下さいっ!! マジで旨い!」
 
なつこ : 「旭川は蜂屋・山頭火・青葉・梅光軒・・って有名店も多いけど、管理人さんの一番のお気に入りは・・この天金やねんね。」
 
みーこ : 「別格やって。」
 
弥 生 : 「この天金のラーメンを食べると・・美味しさがしばらく口の中に残るんよね。美味しさの余韻が楽しめるわ。」
 
なつこ : 「そう、その後味に雑味がないしね。」
 
みーこ : 「これぞ旭川ラーメンって感じ。やっぱりラーメンは旭川やー!」
 
弥 生 : 「・・・見てたら食べたくなってきたでしょ?」 
posted by hades444 at 01:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 行ってきました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

札幌 ホワイトイルミネーション

little-1130-top.gifなつこ : 「メリークリスマス! 今日はクリスマス・イヴやから、こないた札幌で撮ってきたホワイト・イルミネーションの写真をアップします。」
 
弥生 : 「毎年、札幌はサラサラの雪が降り積もって、ホワイトクリスマスになるよね。ホワイト・イルミネーションもすごく演出が上手で、雰囲気もいい、札幌の冬の大イベントになってます。」
 
 
みーこ : 「この時は・・大通り公園の西の端からテレビ塔(東の端)まで歩いて行ったね。端っこの方は、人も少なくてゆっくり見れたし。じゃあ、順番に歩いて行ったみたいに・・。」
 
little-1130a.gif
なつこ : 「大通り公園を西の端から歩いて行ったら、こんな風にだんだんと見えてきます。本当はもっと大きな写真でアップしたいんですけど・・。」
 
弥生 : 「このときは、まだ12月の初めやったけど・・もう雪は積もってて
、この日もずっと降ってたね。」
 
なつこ : 「この辺はまだ、始まりのところやね。」
 
 
little-1130b.gif
みーこ : 「木立の向こうから見えるライトの色がきれいでしょ。」
 
弥生 : 「この辺では、木のライトアップも抑え目よね。画像を小さくしてるから、画像にノイズが入ってザラついた感じに見えるけど・・下はサラサラの雪が積もってるんです。」
 
みーこ : 「そうやのよ。大きい写真で見て欲しいけどね。」
 
 
  little-1130b2.jpg
なつこ : 「これはライトアップされた木立やけど・・すっごい幻想的やん。」
 
弥生 : 「うん。ブルーもグリーンもね、すっごい綺麗。」
 
みーこ : 「ファンタジック系の映画みたいな感じ。何かさ、妖精でも出来そうな雰囲気やん。」
 
 
 little-1130c.gif
なつこ : 「ちょうど、この辺が真ん中になります。ここまで来たら人も多くなってるし、賑やかになってます。」
 
弥生 : 「西の端っこから歩いてきて、右に曲がればすすきのへ、左にまがれば札幌駅へ行くとこで、ちょうど地下鉄南北線の大通駅のとこやしね。」
 
みーこ : 「この写真では、ちょっと遠めから写してるから、静かな感じに見えるけどね。」
 
little-1130d.gif
なつこ : 「左の写真には有名な3人の乙女の彫刻も写ってるます。」
 
弥生 : 「街のネオンサインともマッチしてるよね。テレビ塔もこのシーズンはライトアップしてて、色が変わっていくよね。これもじっと見てると飽きへんわ。」
 
みーこ : 「あとさ、クリスマスに因んだお店が沢山出るよね。リースやら、ツリーのオーナメントのお店が多いけど、全部外国のお店みたいで、雰囲気いいよね。ちょっと珍しい感じのオーナメントがあったり、ほんとに外国に来たみたい。」
 little-1130d2.gif
なつこ : 「ここで食べたり飲んだりも出来てね。みんなが見てるのは・・・ライブをやってるんです。」
 
弥生 : 「この日はアコースティック・ギターを持ったユニットが歌ってたね。」
 
みーこ : 「体に雪を積もらせながら歌ってたね。」
 
 
little-1130e.gif
なつこ : 「ここが最後になる、東の端のテレビ塔前ね。」
 
弥生 : 「2つの並んだツリーが綺麗やったわ。」
 
みーこ : 「雪がかなり降ってきたよね。写真にも写り込んでる。青い線になってるのが雪やわ。ライトの色に染まってる。」
 
なつこ : 「管理人さんも、今までは毎月北海道に通ってたから・・毎年ホワイトイルミネーションを見てたけど・・。」
 
弥生 : 「来年からは出張もなくなって、見れなくなるって・・。」
 
みーこ : 「10年も出張しててさ、1回行ったら一週間くらい居る訳やから・・それを合わせたら、何年か住んでたくらいの日数になるやん?」
 
なつこ : 「すっごく寂しく感じるって・・。好きな人に会えなくなるくらいの気分に近いって。」
 
弥生 : 「そんな思いもあっての写真やのね。」
 
みーこ : 「では、みなさん、素敵なイヴを・・!」
 
 
posted by hades444 at 15:48| Comment(5) | TrackBack(0) | 行ってきました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

新千歳空港 北海道ラーメン道場

Sapporo 040a.jpg ← 新千歳空港の中にある、北海道ラーメン道場。
 
なつこ : 「このところラーメン続きなんやけど・・。もういっちょ行きましょ!ラーメンで。」
 
弥生 : 「今度は新千歳空港の中の北海道ラーメン道場ね。
 
みーこ : 「前回の札幌ラーメン共和国みたいに、何店舗もラーメン屋さんが集まったとこね。」
 
なつこ : 「空港の中ってことで、搭乗前にちょっとラーメンでも・・って感じで食べられていいよね。」
 
弥生 : 「うん。手軽でね。空港で海鮮丼とかいくら丼とか食べたら、すっごい高いでしょ?それに比べてラーメンやったら割安やし。」
 
みーこ : 「入り口のところにラーメンのサンプルがずらっと並んでて面白いわ。」
 
Sapporo 041a.jpg ←これが壁にずらっと並んだサンプル
 
なつこ : 味の時計台みたいな大手チェーンも入ってるし、ここでも函館のあじさいが入ってるね。」
 
弥生 : 「札幌2件、旭川1件、函館1件、苫小牧1件、帯広1件の合計6件のお店があるけど・・・。」
 
みーこ : 「せっかくやから、参考になる事を言うとこうよ。」
 
なつこ : 「・・そやね。・・えーっと・・若い店員さんが、なーんも気にせずに私語をしてるお店はやめといた方がいいです。イマイチでした。」
 
弥生 : 「前に行ったら、後悔しましたってね。」
 
みーこ : 「今回紹介するんは・・・旭川ラーメンの特一番やね。」
 
なつこ : 「旭川のラーメンはホンマにおいしいやんね。旭川の有名なお店は・・・。」
 
弥生 : 「まず蜂屋、山頭火、青葉でしょ。他にも梅光軒とかも有名やん。で、前にも紹介した天金ね!」
 
みーこ : 「この特一番は基本的な旭川ラーメンの味出してるわ。」
 
なつこ : 「旭川ラーメンを食べ慣れてるとわかるよね。あ!旭川やって。」
 
弥生 : 「空港ってことで、手軽に北海道のラーメンが食べられて、空港価格じゃない、って点ではいいかもね。でも、どうなん? 必ず行っといた方がいいよってレベルでもないかな?」
 
みーこ : 「ここのお店はそこそこイケてるけど、旭川の名店で食べる程の感動はないかな。」
 
なつこ : 「ここの中のどこかで食べるんやったら、よーくお店を吟味して入りましょって事もあるしね。」
 
弥生 : 「過度な期待はせずに行きましょうってとこ?」
 
みーこ : 「イケてないって言うてるんとちゃいますよー。」

 
little-ramen3a.GIF ←旭川ラーメン 特一番のしょうゆラーメン
 

Sapporo 042a.jpg ←ちなみに・・歩いてるおっちゃんは作者とちゃいますよ。
 

 

posted by hades444 at 03:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 行ってきました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

札幌 ラーメン共和国

なつこ : 「北海道シリーズが終わらへんうちに、急にブログがなくなったって事もあったけど・・まだまだおいしい記事も残ってるし、どんどんアップしていこ!」
 
弥生 : 「今回は函館の記事とか、帯広の平原のルキアとか味噌ラーメンとかあったのにね。」
 
みーこ : 「腹立つな〜! しばくぞー!って言いたいけど!」
 
なつこ : 「それは置いといて・・・今回の記事ね。“札幌ラーメン共和国”です。」
 
弥生 : 「横浜のラーメン博物館みたいなもんやね。ラーメンテーマパークみたいな。」
 
みーこ : 「場所はJR札幌駅の隣、ESTA札幌の10階にありますっと。札幌駅から直結してるから、すっごく行きやすいやん!」
 
弥生 : 「ホンマについでに行けるわ。めっちゃ便利やわ。」
 
なつこ : 「北海道各地のラーメン店から8店舗が出店してます。この“札幌ラーメン共和国”は、テーマストーリーがあって、それに基づいて演出がなされてます。古い昭和の町が再現されてて、ノスタルジックな感じ。」
 
みーこ : 「中を見てるだけでも楽しいよね。SLがあったり、お店が駅舎風やったりね。入り口はこんな感じ!」
 
little-1202-top.gif
 
弥生 : 「お店は・・・札幌から白樺山荘・三角山五右衛門ラーメン・ChiChi。旭川から梅光軒、弟子屈の弟子屈ラーメン、釧路から春鶴、石狩の雅、函館のあじさい。この8店舗です。」
 
なつこ : 「ラーメンのレポートは次回にして、今回は“札幌ラーメン共和国”そのものを紹介します。」
 
little-1202-a.gif
 
みーこ : 「これがSLなると号。いきなりソコにあります。何でSLなん?って思うけど、パンフレットを見るとテーマストーリーが載ってるんで、SLのある理由がわかります。」
 
弥生 : 「ちょっと無茶苦茶なストーリーやけどぉ・・。」
 
little-1202-b.gif
 
なつこ : 「上の写真の奥に見える暖簾のかかったお店が、“麺や 雅”やねんね。ここでラーメン食べたよね。」
 
弥生 : 「下の写真みたいに、横丁っていうか、路地みたいになってて、懐かしい感じがします。」
 
little-1202-c.jpg
 
みーこ : 「こっちは売店。ラーメンが買えたり、他にも北海道のおみやげがいっぱい。ご当地キティとか、まりもっこりとか。北海道限定バージョンのお菓子なんかもね。」
 
なつこ : 「どのお店に行くぅ?とか言いながら、グルグル廻るのも楽しいよね。お昼は待ち時間もけっこうあるけど、夕方や夜は比較的空いてたりするよね。」
 
弥生 : 「じゃあ、次回はラーメンのレポートね。2つ行きましょ。」
 
みーこ : 「お楽しみに! 最後まで読んでくれはって、おおきに!」
 
 
posted by hades444 at 01:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 行ってきました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。